海外のホテルを予約する

個人旅行の場合は、自分でホテルを手配しなければなりません。でもホテルの予約って思っているほど難しくありません。いくつか紹介しておきます。

日本の予約センターを利用する
世界的に有名なホテルチェーン(シェラトンやヒルトン、ハイアットなど)は、日本にもオフィスや予約センターを置いているので、そこに電話をすれば予約できます。大手のホテルチェーンならインターネットでの予約も可能です。また独自の予約センターがない場合でも、予約代行会社がある場合は底で予約できます。

これらの方法のメリットは色々なリクエスト(海が見える部屋がいいとか)をだせることや部屋が空いていれば、前日でも予約が可能なことです。(支払いは現地でできるため)

料金はホテルが定めた正規料金になりますが、ゴールデンウイークや年末年始など、ツアー代金が高い時期には、ホテルだけ手配した料金との差額が小さくなりますし、時期によっては連泊すると料金が下がったり、各種割引サービスがあるのでたずねてみましょう。


ホテルクーポンを利用する
世界中のホテルクーポンを扱っている会社があり、通常のホテルよりも安い値段で利用できます。

ホテルクーポン会社に電話すれば、空室状況、料金(日本円換算しています)も教えてくれますし、その場での予約も可能です。その後、料金を日本円で支払い、クーポンを発行してもらいそれをもって現地に行けばOKです。

以前は、入金、クーポン発行など多少時間がかかっていて出発間際での予約には適していなかったのですが、今はカード支払いやメールでの予約確認書発行などだいぶん改正されてきています。


旅行会社に頼む
旅行会社勤務のわたしとしては、一番お勧めがこの方法です。(笑)
ツアーや格安航空券などを扱う旅行会社でも、ホテルの予約をすることができます。料金がまちまちなので、ホテル代が適正かどうか、あらかじめよく調べた方がいいと思います。

最近は、結構大手の旅行会社でも、ホームページ上の案内はホテルクーポン会社のサイトにつながる場合が多いので、とんでもない料金の差額が生じる場合はありません。

料金は、出発前の支払いです。


カード会社のサービスを利用する
各クレジットカード会社がホテルの予約サービスを扱っている場合があります。扱っているホテルが少ないのが欠点ですが、カード会社独自の優待価格やなどの特典がつくこともあります。

料金はカード払いになりますので簡単です。


その他の方法
その他、現地の旅行会社を通じて予約する方法や、直接お目当てのホテルに電話、FAXするなどの方法もあります。

現地旅行会社を通すとホテル代は安くなりますが、通信費や海外送金の手数料などがかかり、トータルでは高くなってしまう場合があります。

現地ホテルに直接予約を入れるのも意外と簡単です。旅行会社で満室と断られた場合でもOKだったりする場合があります。

言葉(英語)に自信がない場合は確実性に欠けるし、ホテル代金も正規料金になるので、必ずしもお得とはいえませんね。


海外旅行についてすべて網羅しているのはココ♪
『海外旅行情報完全マニュアル』


FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。